2011年04月08日

お花見

昨日の夜、また地震がありました。
宮城県沖 震度6強

パパと俊兄ちゃんがリビングでテレビを見ていた時、

チャリンチャリン緊急地震速報ですexclamation

隣りの部屋にいた私の所へ俊兄ちゃんが
「母さん~久しぶりだよ」って言いに来たから
またテレビのくだらない番組を見てくれって言いに来たのかと思ったら

「緊急地震速報です。強い揺れに警戒して下さいexclamation」って繰り返し言ってるじゃない~がく〜(落胆した顔)

きゃ~すぐにぴーを抱っこしたら(ぴーは過保護)
パパも俊兄ちゃんもズボンを脱いでてパンツだけだよ~もうやだ〜(悲しい顔)

すぐに避難するかもしれないからズボン履きなさいよ~ちっ(怒った顔)あせあせ(飛び散る汗)

全然平気にしてるパパと俊兄ちゃんあせあせ(飛び散る汗)

10秒くらいで揺れてきたけど震度3だったからたいしたことなかったよ𕾗

やっと余震も収まってきてたから、今日ママは美容院に行って来たのに。。。
またお出かけ出来なくなっちゃうふらふら

東北地方、関東地方の人はこれからも余震に注意して下さいってテレビでも言ってるしふらふら

この前の地震の被災地の方々はたまらないでしょうね。。。
被害が少ないことを祈るばかりです。

そして昨日の地震で一番に頭に浮かんだのは原発あせあせ(飛び散る汗)

こんなに揺れちゃって大丈夫なの~???

福島原発じゃ液体窒素を入れて冷却してるんじゃなかったっけ~がく〜(落胆した顔)

6日の朝刊にも小さく載ってたけど。。。。

「年間の被曝限度量、引き上げを検討 原子力安全委」


 原子力安全委員会は5日、放射線量の高い地域の住民の年間被曝(ひばく)限度量について、現在の1ミリシーベルトから20ミリシーベルトに引き上げるべきか検討を始めた。放射線の放出が長引き、「長く生活する観点で考えないといけない」とし、現実路線への見直しを検討する。

 会見した代谷誠治委員は「防災対策での退避は通常、短期間を想定している」と指摘。すでに数週間に及ぶ退避や避難の考え方について、政府から見直しを検討するよう相談されていることを明らかにした。 原発から半径30キロ圏外の福島県浪江町の観測地点で放射線量の積算値が上昇している。先月23日から今月3日までの積算値は10.3ミリシーベルトになった。日本では人が年間に受ける被曝限度量は現在、一律1ミリシーベルト。国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告では、緊急事故後の復旧時は1~20ミリシーベルトを目標としている。

そして枝野官房長官の記者会見でも

年間被ばく限度、引き上げ検討=原発事故の長期化想定

枝野幸男官房長官は6日午前の記者会見で、福島第1原発の放射能漏れ事故を受け、年間1ミリシーベルトとしている住民の被ばく限度量について「現在の基準値は短期間で大量の放射線を受ける場合の安全性を示している。放射性物質を長期間受けるリスクを管理し、別の次元の安全性を確保する上でどのくらいが退避の基準になるか検討している状況だ」と述べ、引き上げを検討していることを明らかにした。
 福島第1原発周辺で検出される放射線量は減少傾向にあるものの、事故の収束までなお時間がかかり、放射線の放出が長期間続くことを想定した対応。屋内退避指示が出ている第1原発から20~30キロ圏の外側でも、大気中の放射線量の積算値が10ミリシーベルトを超えた地域がある。このため、原発事故の長期化を前提に、健康に影響が及ばない範囲で被ばく限度の基準を緩める必要があると判断した。

人が年間に浴びても大丈夫な放射線量を変更しちゃうって。。。そんな。。がく〜(落胆した顔)

今まで避難の必要がある人も避難しなくてよくなっちゃうわけ?

そのうち、食物の安全基準値も大幅に引き上げるんじゃないかしら??

なんか国民に隠してないかって疑心暗鬼になっちゃうかも。。

パンチパンチパンチ爆弾

𕾦𕾦𕾦𕾦𕾦


だからこそ、お花見早く行かなくちゃexclamationって思ったわけで

今日の午前中のお散歩コースを花見コースにしましたよ𕾗

曇りだったけど

DSCF7195.JPG

DSCF7194.JPG

DSCF7193.JPG

満開の桜𕾦

今日は風が強いし雨になりそうだから綺麗なうちに見に来て良かったわーい(嬉しい顔)

DSCF7197.JPG

お花見にはお弁当が欲しい𕾖

DSCF7198.JPG

くうちゃんのママ~𕾗るんるん

おやつ下さいな揺れるハート

DSCF7201.JPG

痩せてるからもっと下さい(りな)

DSCF7203.JPG

6匹もいると集合写真が撮れないだ𕾖
posted by みゆきまま at 20:47| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする